スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょろいのはちょろいんだよ

アイドルをプロデュース・・・れーばPと呼んでもいいのよ?

おはようからお休みまで、暮らしのバトスピを見守るサウスピ団。
ども、れーばです。
サウスピわ(´・ω・)/


今日はね、地元っていうか、北の方でショップバトルだったよ。

板垣SB:16人トーナメント
使用デッキ:おもし蟹@セイリュービレンタル中

1回戦 蜂かな ○
ダンデに直でバルカンを合体させてくるという、サイゴードを恐れぬプレイングはアッパレ。
まあ、間違いなく、『そんなこと考慮もしてねぇ』だけだろうがな。
こっちにはバーストしかセットしてなくて、ガラ空きなフィールドなのに、ダブルシンボルこねぇ。
何だ、大和警戒か?
猶予を勝手に相手がくれたので、ゴクラクチョーにシユウ付けてパンチしてたら試合終了。
特に何か感動があったわけじゃないけど、蜂が出て突っ立ってる横を悠々飛んだのは悪かったかな。



2回戦 紫 ○
ペンドラこええな!
最近サイゴードとかのせいで使ってる人少ないから油断してたよ!
コア1個とか普通にしちゃった。
ま、アシュラさんが返り討ちにしたりしてたんですけどね。
最後はアシュラにシユウで、ダノヴァLv3でブロックすりゃええもんを、勝手に諦めてライフ。
こっちもあえて何も言わなかったよ。
ブロックは、相手の任意ですからね。
ブロックしようとしたところで、ストームアタックとクロークで終了してましたがね。



3回戦 ガルードらしい ○
似たようなデッキではあるけども、どうやらガルードおったらしいよ。
出会わなかったけどね。
2回ほどセイリュービが出てくるけど、こっちとしてもアシュラで討ち取りたい。
で、それを避けるためにストームアタックやらバンバン使ってくれてね。
おかげで、シユウで殴ってれば、勝手に差が開いてってくれたよ。



4回戦(決勝) マグー ×
相手のデッキが分かってるだけに、残念だったね。
序盤、相手が2ターンほど何もしてこなかったんだよね。
これ幸いと双翼使ってたんだけど、あそこは攻めておくべきだった。
バーストもなかったし、あの時に3,2点にしておけば、マグーを見ることもなかったのに。
そして、最後の最後で蟹のフィニッシュを見捨ててしまった・・・
相手ライフ3点なんだから、1ターン待つなりして、蟹で3点シュートが俺の自慢だろ!?
そんなんだから、ダブルシンボルでアタック、絶甲フラッシュで打たれてヤマト踏むんだよorz



結果:3勝1敗
総合:2位

1位以外は価値が無いので、準優勝とか高尚な言葉で片付けるつもりはない。
目立ったプレミが無い分、実力不足を痛感する。


小浜と違って環境が優しい分、どうしても侮る部分が出ちゃう。
本当に強い人はもちろんいるし、そういう人は直感的にスイッチが入るんだけど。
その辺、もう一度気を引き締めないといかんかもね。



今回からの考察
試合では一度も出なかったが、セイリュービは非常に優秀。
いつも借りるわけにはいかないので、早々に確保が必要。

何だかんだで、アシュラはいい働きする。
今回で言えば、ヤマトより仕事してた。
蟹がない時は、3点シュートの役目も担うため、勝利のパターンをそれほど変えなくてもいいのが強み。

勝利の方程式は、相手ライフ3点まで単騎でもいいので削り、蟹orアシュラで3点シュート、邪魔ものは遠慮なく疲労。
数押しなどで決着出来る場合の見極めは必要だが、ほぼそういった状態にはならない(出来ない)。

劣勢時、スピリットがおらず、コアが大量に余るという事態が多い。
もしくは、相手に大型がおり、蟹でも突破出来ない状況に陥ることもある。
その解決法として、セイリュービでの烈神速の条件も満たすため、三段突きの投入を提唱。
これだけカウンターを意識しているので、相手を破壊でもなくデッキボトムへ送れるのは優秀。
コストは6と重いが、ウィッグを打てていたのだから、打てないわけではない。
その辺りの調整も含めて、要精進である。



[今年の戦績](フリーを除く大会の成績)
・バトルスピリッツ
全体22戦15勝7敗
・デッキ別
エース緑:16戦12勝4敗
ガンスリ意識赤:5戦2勝3敗
ブードラ:1戦1勝0敗(ドロップのため特殊)



・ヴァンガード
全体3戦2勝1敗
・デッキ別
とある福井の超電磁砲(マシニング):3戦2勝1敗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。