スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極・伝説

どうやら、新しい究極・伝説が決まったので、その辺り考察していくよ。

伝説
ストームドロー
魔王監視塔

ストームドローはようやくって感じだね。
2コストで3枚ドローして2枚破棄という、手札の精錬では優秀すぎた。
どの色にもタッチで入れることが可能であり、フラッシュでのBP+も2コストとは思えないほど優秀。
緑を使う身としては残念だが、代わりにバルカン・アームズという後継者がいるので、さほど問題ではない。
コストは5と重くなったが、ストームドロー+場に残る+シンボルというのだから、不満はない。
特にダンデと相性もいいので、先攻でダンデ、次ターンバルカンブレイヴというのが理想の流れ。

魔法監視塔も、いよいよという感じ。
船尾など、優秀な召喚時効果を持つスピリット/ブレイヴを無効にするネクサスが出現し、張られた側からすると一刻も破壊したい状況になることが多くなった。
そのための手段がフェニック・キャノン、ネクサスコラプスといった破壊系の効果を持つカードである。
それらのカードからネクサスを守るため、監視塔は非常に効果的なネクサスであった。
Lv2にしておけば、相手のマジックも打ち消せるとあって、戦況を変える/ゲームエンドマジック(トライアングルトラップ、サジッタフレイム、ウィッグバインド)を1回ではあるが無効化する。
それが勝利を呼び込む重要なファクターになることも多々あった。

ゆえに、この伝説入りした2枚は想定内である。


次に究極1であるが、
マジックブック
ルナティックシール
侵されざる聖域
灼熱の谷
牙皇ケルベロード

マジックブック、ルナティックシールは、ソリティア系デッキを考慮しての裁定だろう。
マジックブックによるドローから、ルナティックシールでの時間稼ぎ。
尖塔オライオンというデッキパターンが確立されてからは、ライフを削らずとも勝利するという戦術が存在するようになった。
青の粉砕とは違う、マジックなどによる相手のデッキアウトを狙うという戦術である。
そのため、必要なカードを早期に手札にかき集める必要があり、色を無視したマジックも投入されるためコストがかかる。
その時間稼ぎも含めて実行出来るルナティックシールは、遅延と取られるギリギリのカードであった。

アンフィスバエナーというシールメタのカードもあったが、あまりにピンポイントで狙いすぎている(破壊効果も優秀ではあるが)。
後述で触れるが、ケルベロードが究極入りするならば、尖塔オライオン系のデッキにもある程度の制限が付くと思われた。
バトスピというゲームの性質上、ソリティア系のデッキは生み出してはならない。
一度ソリティアに入ってしまうと、相手に打開する/抵抗する余地がなくなってしまうからだ。
そういう意味でも、この2枚の究極入りは、致し方ない結果であろう。

侵されざる聖域は、登場時はこれほど、究極入りするほどの性能ではなかった。
その最たる原因は、赤以外の装甲を付与する対象が、コスト8以上であったからである。
コスト8以上というと、かなり大型のスピリットとなる。
デッキに最大3枚程度しか入らないコスト8以上のスピリットにしか恩恵のない聖域は入れるほどのものではなかった。

デッキ破壊を相手する場合には聖域のLv2効果は効く、程度でしかなかったネクサスが究極入りするほどになった原因。
それは、ブレイヴの登場であろう。
ブレイヴの登場により、コストが合計され、コスト8以上を簡単に作れるようになってしまった。
それにより、白の固有能力であったはずの装甲が安売りされる結果となる。
しかも、赤以外の5色装甲である。

後に重装甲というブレイヴ召喚時の効果を打ち消す上位装甲が出てくるわけだが、合体スピリットの効果は装甲で防ぐことができる。
しかも、ブレイヴは色も追加するため、赤スピリットに赤以外のブレイヴが合体した場合、効果を装甲で弾くことができる。
これほどの恩恵が、たった3コストで行われるのが問題であったのだろう。
そのため、伝説とまでは行かぬまでも、配置される確立を可能な限り下げたということである。
もしくは、この聖域に代わる装甲付与のネクサス/マジックが開発されるという暗示だろうか。
その辺りは想像でしかない。

灼熱の谷は、究極入りした理由が思い当たらない。
確かに手札精錬という意味では、ストームドローと似た働きを破壊されない限りは続けることが出来る。
シンボルもあるわけで、恐らくコントロール系のデッキには採用するスペースもあることだろう。

しかし、これはあまり脅威ではない。
キーカードを早く手札に呼ぶ以外にメリットはないからだ。
トラッシュに落としたいカードを落とせるというのも十分なメリットではあるが。
Lv2のBP+は、シュリケのBP調整には使える。
ブレイヴのBP+も合わせれば、かなりの範囲をカバー出来ることだろう。
しかし、それだけで究極入りさせるだろうか。
4弾のカードを見ていないので、もしかすると悪さが出来るのかもしれないが。

牙皇ケルベロードは、年貢の納め時が来たという感じだ。
赤と青の軽減を持ち、BPは5000。
合体すればダブルシンボルとなり、デッキを5枚破棄して回復するという、エンド級の能力を有する。
北斗七星龍の登場もあり、色に関係なくコスト踏み倒しの1番人気であろう。

兼ねてから、こいつの壊れ具合は議論され続けてきた。
ダブルシンボルメタと言われるカードが増えたのも、どうにかケルベロードを止めるためだったとしか言いようがない。
しかし、メタカードは引けなければ、相手が使っていなければ意味がない。
その程度では、ケルベロードの猛攻を止めること叶わなかった。

結果、ミストカーテンや、疲労系マジックというのは重宝された。
装甲白などを有しない限りは、合体したケルベロードのアタックを防げるのだ。
ケルベゲーなどと言われるように、引いた者勝ちだったのだ。
そして、それは開発者サイドからしても、環境のトップに居させてはいけないカードである。

究極入りで鳴りは潜めるだろうが、強力なカードとして君臨することには変わりない。
伝説入りしない限りは、こいつが出てくるかもしれないという可能性は捨ててはいけない。



このような裁定になったわけだが、ウィッグバインドの姿はない。
恐らく、現在のカードで対抗できると踏んでの結果であろう。
現に、止める手段はある。
しかし、それでも勝率が高いことには変わりがない。
4弾、そして伝説・究極施行後の環境でも猛威を振るうようであれば、ケルベロードにも言えることであるが。
間違いなく、制限がかかる。
ケルベロードの伝説入り、そしてウィッグバインドの究極入り。

近い将来、その光景を目にすることになりそうである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。