スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブも兼ねてたんだよ

連戦は体力使うぜ


おはようからお休みまで、暮らしのバトスピを見守るサウスピ団。
ども、れーばです。
サウスピわ(´・ω・)/

常に思考し続けるのは辛い。
どうあったって、常に集中し、常に戦術と戦略と知識を総動員してれば、体も頭も疲れる。
情報量は増えていくし、最善の一手を打ち続けようとしても、必ずミスは出てきたりする。

ま、言い訳なんですけどねw

いつぞや、最近かもしれんけど、時間制限の話をしたかな。
あれを肯定する理由の1つに、時間をかける方が悪いって考えがある。
時間制限で、時間いっぱいでライフを比べるということが分かっているのなら、時間をかけた方が悪い。
そりゃ相手のプレイングが遅い場合もあるけども、それも含めての試合運び。

ライフを比べるのが嫌なら、相手のライフを多く削ればいいんすよ。
突き詰めれば、時間内にケリつけろってことよ。
勝利条件を満たしてな。



閑話休題




CSに行く時は、是非とも鉄道もしくは、で行きたいですな。
心身共に疲れ切った状態で運転もするとか、考えてみると、危険極まりない。

そんな感じな日でしたけども、今日は2件ほどSBに行ってみたりした。

板垣SB 8人シングル
使用デッキ:RED HOT SHOOT

詳しくは、はまかぜさんで公開されているデッキレシピ参照。
サイゴーとか減ったり、ジャッジメントですの出来なくなったりしてますけども。


1回戦 白 ×
あんだけ毎ターンアルティメット出されると、ジリ貧ですわ。
しかも、UスルトとUオーディーンですからね。
ブロック要因が増えられると、単騎多シンボルなこっちはマジックでも処理されて辛い。
何より、トリガーヒットでのブロック不可が1番の問題。
突破火力・・・欲しかったなぁ。


結果:0勝1敗
総合:雑魚

相手の子が、ライフで受けてからのフラッシュを多用してくる強敵だった。
何回か注意したんだが、学習しとらん。
話を聞くと、ライフで受けて長城とかやってたとか、それ意味無くね?と思わなくもない。

何にせよ、特に絶甲等々アタックステップ終了系をそうやって使われると、こっちとしても、出来ないからねって言うしかない。
だって、フラッシュ無いって言ってんだもん。
そしてライフで受けて、フラッシュって、そりゃ通らんばい。

ま、それを多少甘く見てしまったのも敗因かな。
ガンスリでは出来ずって言わないとな。

原則、というかルールで、巻き戻しは無しってことだからな。
巻き戻しが許されるのは、実行が出来ない場合のみに限られる。
コストが払えないとか、スピリットいないのにアルティメット出そうとするとか、バースト発動できないのに発動しようとしたとか、だかんね。


と、言い訳がましいことを言ったところで。
本日は遠出もしてみました。
峠は信号ないし車少ないから、走るの楽でいいわ。


ファミーズ加賀EX ワンカラー 12人スイス 2本先取
使用デッキ:紫-消滅-

Uベルゼからバァラル出してコアシュしてれば勝てる、はず。
アルデウスを使わないワンカラーを使いたかった。

1回戦 赤 ○×○
コアシュコントロールでぶっ飛ばした1本目。
相手の数押し、Uヴルムの真激突に苦しめられた2本目。
コントロールしまくって、最後は結局数押しな3本目。

2回戦 白 ○××
重装甲付いてないガーネットを早々に除去。
適度に殴ってたら、相手も死んでた1本目。
ガーネットとエンタープライズを無色にして処理しようと頭では分かってるのに、実行してくれない。
消滅させておかないといけないのに、次ターンでいいやと思って、アルティメットを許す2本目。
ジリ貧から、正気と勝機を完全に失った3本目。

3回戦 黄 ○×○
メインで消滅させれば怖くない1本目。
圧倒的ペンタン軍団に蹂躙された2本目。
ことごとくトリガーを聖騎士ペンタンに邪魔されつつも、コアシュが冴え渡った3本目。


結果:5勝4敗
総合:階段崩し

3回戦の相手は勝てば次戦に臨みをつないだが、残念ながら階段は粉砕じゃ。
何故か中恋(中二病でも恋がしたい)を知っている方に振られたので、パニッシュメントディスワールドさせられた。
3回戦の途中なことです。

ちなみに、Twitterで言ってたのは、ここのEXです。
約2時間、9戦をインターバルなしでバトルしてました。
まぁ、冒頭でも言ってるように、時間かけたのが悪いんですけどね。



2本先取なので、こっちのデッキがバレると、後は相性とデッキパワーになりますね。
そこからのプレイングも重要ですけども。

とりあえず、1本目を取れるということは、こっちでのシングルエリミだと問題ない。
しかして、2本目はこっちの動きを知られてるんですよね。
2回戦がそれの顕著な例で、ガーネットとエンタープライズをコア十分で立たれると辛かった。
シオンがいないと、ほぼ抵抗出来ませんからね。

無論、相手もこっちが紫と知ってそれなりな対応は最初からしてくるでしょうけど。
ごめん、負けてて言うのもあれだけど。

あの程度の警戒じゃ、2本先取じゃなければ、こっちに負けはなかったよ。

と、捨て台詞はここで吐いておく。
2本目でも、明らかに警戒が薄かったもんな。
エサル譲の吸血爪でガーネットとエンターを早々に処理して、というかしようとしてたのに、次ターンに回そうというこっちの心根がいかんかったんや。


最近、白への対策と言うか、白に相性が悪くなりつつある。
全てのデッキへメタを張れるわけではないけども。
けれど、白もどちらにせよおるわけで。

やっぱ、白重的なデッキは相手として作るべきか。

そんなことを思ったりもしたわけです。
そろそろCSも近いし、デッキも作っていかねばな。

次回は、またSBの報告になりそうだ。
予定は未定。




・総合戦績
42戦23勝19敗

勝率.548

・デッキ戦績
借り物競走V(黄):2戦1勝1敗
剣製(白):8戦4勝4敗
あるでうす!(紫):6戦4勝2敗
RED HOT SHOOT(赤):8戦5勝3敗
青-招雷-(青:ワンカラー):4戦1勝3敗
赤-炎色反応-(赤:ワンカラー):5戦3勝2敗
紫-消滅-(紫:ワンカラー):9戦5勝4敗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。