スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟子は師匠を超えていくもの

言い訳はしねぇ!負けてるのは事実だからな!


おはようからお休みまで、暮らしのバトスピを見守るサウスピ団。
ども、れーばです。
サウスピわ(´・ω・)/

今日は数カ月ぶりに、修練の地、はまかぜに遠征して来ました。
子供だろうと大人だろうと、手加減などしてられない環境は好きです。

今回はうちより、まおーとすいーとさんも出陣。
ふがくは諸事情により大阪へ出向中でした。
団長:らいだーは知りまへん。


はまかぜ 40人スイスドロー1本勝負
使用デッキ:攻めと待ちを知る修練デッキ

基本は緑ですが、バーストは3枚、マジックは7枚。
限られた資源の中で、相手の手を読み、使いどころを見誤らず、思い切りも必要なデッキ。
調子に乗ってるとすぐに死ぬ。


1回戦 ツクヨミバゼル × ジェロさん
序盤にダンデで十紋刃踏んだのがいけなかった。
それでブレイヴ元がいなくなってしまい、攻めが遅れた。

あとは、慎重になり過ぎて、ターンを使いすぎた感も。


2回戦 粉砕 ○
チャージが来たから、サイゴーやオライオンでも来るかと思ったが、特にそういうこともなく。
クワガーと蟹で殴ってたら終わっていたという話。


3回戦 蟷螂 ×
メイパ、北斗+カッチューによる3点を先攻2でくらう。
タマム、バルカン等並べて防御陣形組んだら、ダンデ→マネキ→ディアボリカ。

ソンプリと神速で凌ごうとするも、ストアタ打たれて終了。



4回戦 シンデレラ × ささっきー?さん
先日、動画にもゲスト出演して下さった方。
デッキは、動画で使っていたようなシンデレラ。

コウチュー+ガイミムス、蟹も出せたし行けると思っていたら、絶甲で凌がれる。
バーストブレイク温存したせいもあるが、返しはバウンスで対応。
しようと思ったら、フレイムフィールド張られて数押しされた。



5回戦 ディアボリカ― ○
青シンボルあるのに、ディアボリカ達が殴ってない不思議。
何に怯えていたのか、結局分からず。

ウインドウォールや氷結晶で蟹を凌がれるが、ウシワカとソンプリで大量に寝かせてフィニッシュ。



6回戦 メフィスト? ○
何やら、すいーと2世と一目置かれている少年。

ミカリーンが見えて、クワガー+ガイミムスで連続アタックしたらパトラスを踏む。
絶甲回収されたので、ストアタとセイリュービ駆使して3回殴って速攻。
あの手のデッキは、時間かけても、好転することは無い。



結果:3勝3敗
総合:雑魚


ちなみに、優勝はまおーでした。
これで一応、うちのチームとしての体裁は保ったかな。
いやはや、オメデトウ。


ここまでの結果で、バーストとマジックが何かっていうのは大体お分かり頂けたと思う。
バーストはセイリュービにウシワカ×2。
マジックはストアタ×3にソンプリ×2、バーストブレイクとクローク。
資源はこれだけです。

軽い気持ちでソンプリやストアタを使ってしまうと、防御手段はウシワカと神速のみ。
そのウシワカや神速も必ず手札にあるわけではない。
調子に乗って殴れば、返しで即死もありえる。
修練と付けましたが、全く勝てないようなデッキではないと思います。
取捨選択さえ間違えなければ。

それをミスると、取り返しがつきません。
普通のデッキのように、余裕がないからです。
1つのミスが敗北に繋がると良く言いますが、これはその顕著な例でしょう。
実際、召喚1つ間違っただけで取り返しがつきませんでした。

気弾や燕返しがないので、合体スピリットの処理は考えが必要。
セイリュービの使いどころとも言えますね。
また、ウシワカのバーストではなく、神速召喚という選択肢も入れておかねばなりません。

また気弾や燕返しがないことより、はれるバーストは実質ウシワカしかありません。
もちろん、セイリュービをはってもいいです。
出るだけなら、デカイ壁にもなります。



久しぶりのはまかぜということで、自身の修練のためにも挑みましたが、結果は五分五分。
せめて5割と最後に言っていたので、最低限な結果は残せた・・・かな。

いやね最近舐めプというか、妥協が多かったので、修練が必要だったのですよ。
そこまでしなくてもいいだろうという、一種の油断ですね。
手札に余裕があるから生まれてしまう、悪い意味でバトルに慣れ過ぎてしまった結果生まれるもの。

気弾忘れたり、慢心から出し惜しみしたせいで返しに総攻撃喰らうとか。
特に、気弾はドロー出来たり、合体スピのブレイヴ剥がしたり、ネクサス割ったりと、忘れると相手に有利な状況を許してしまいます。

相手に何があろうと、スピリット2体に相対するなら、蟹の3点シュートにストアタ、何か出てきたらクローク、バーストブレイクも打ち、セイリュービで蟹をLv2に維持する、など。
オーバーキルと言う事もありますが、ストアタを打たなかったばかりにブロック絶甲。
クロークを惜しんだばかりに、破壊時効果で追撃不可。
バーストブレイクを温存したばかりに、バーストを踏んで形勢逆転。
セイリュービを躊躇ったばかりに、2点止まりで決着ならず。

まあ、特定の場面に見えるかもしれませんが、あるんですよ、よく。
ですので、それを無くそうと思ったんですけど。
まだまだ修練は必要そうですね。


あ、ワンカラー出ましたけど、1ボツです。


全体145戦94勝50敗1分
・デッキ別
エース緑:48戦31勝17敗
九頭竜伝説:35戦22勝12敗1分
騎士王:16戦11勝5敗
その他:46戦30勝16敗

Z/X勝敗
9戦3勝6敗
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。